ホリスティックハーブ協会では、メディカルハーブとメディカルアロマテラピー、東洋医学や解剖生理学の講座を開催しています。

人の心と体に寄り添う手当てを

多くの方が実践できる社会を目指して

ホリスティックハーブ療法初級

ハーブ療法の基礎概念や、知っておくべきハーブの効能および使用方法を学び、ご自身や家庭内で役立つハーブ療法の知識が身に付きます。東洋医学の話や、人間の基本のバランス構造であるホメオスタシス(免疫、内分泌、自律神経)、ハーブ療法の根幹を理解していきます。

講座終了後は、初級試験を受験出来ます。

第1回:概論1

1.ハーブ療法講座の目的と概要
2.医療の歴史
3.合理的医療と統合医療、西洋医学薬とハーブ処方の違い
4.ハーブの品質管理と選び方
(1)ハーブの二命名法 (2)産地のチェック
(3)成分分析と官能試験
6.保管の仕方
7.安全性のチェック方法

各論:セントジョーンズワート、ラベンダー、ローズマリー


第2回:概論2

1. ハーブから期待できる様々な効能
2. ハーブの成分やエネルギーの産生
3. 代表的なフィトケミカルズ(植物化学成分)1
 アルカロイド類、フェノール類、ポリフェノール類、
 フラボノイド類、タンニン、苦味質、粘液質など
 生ハーブと乾燥ハーブの違い

実習:ハーブティーの淹れ方。ホットティー、水出し、煮出し剤
(通信:セットのハーブでご自宅でお願いします)

各論:ジャーマンカモミール、エキナセアAng、ネトル


第3回:植物油、浸出油、チンキ

1. 水の大切さ
2. 植物性オイルの特性
3. ベースオイルの効能
4. 消毒の仕方
5. 浸出油&ティンクチャーの作り方


実習:エキナセアチンキ、セントジョーンズワートと
 マリーゴールドの浸出油(通信:材料をお送りします)

各論:カレンデュラ、パッションフラワー、ペパーミント

第4回:医療アロマ

1. メディカルアロマテラピーとは
2. 精油の抽出方法
3. 精油用時の安全性に関わる注意事項
   精油の安全な活用方法
4. 精油の選び方
5. よく使われる精油の説明

実習:精油ブレンド(通学のみ)

付録:メディカルアロマテラピーの手引き

第5回:芳香蒸留水、軟膏の製作

1.芳香蒸留水とは
2.芳香蒸留水の種類と体験
3.軟膏を作りましょう(第3回のオイルを使用)
4.粉末剤
5.家庭に用意しておきたい緑の薬箱

実習:軟膏作成(通信:材料をお送りします)

各論:ダンデライオン、ブラックコホシュ、ローズ

第6回:恒常性の概要と自律神経/ストレス

1. ホメオスタシス概要(自律神経―免疫―内分泌)
2. ホメオスタシス(自律神経とは)
   概日リズム
3. 自律神経失調症とは
4. 自律神経やストレスに良い植物療法
5.アダプトゲン(ストレス適応素)

実習:自分に合うハーブを選んでみよう
(通信:付属ハーブでお願いします)

各論:ミルクシスル、レモングラス、.レモンバーム

第7回:恒常性2、免疫機構

1.免疫機構
2.ホメオスタシス(免疫系とは)
3.体のセキュリティ、白血球の働き
4.免疫、炎症反応
5.免疫賦活に良い植物療法
6.ハーブ症状別一覧1

実習:症状に合ったハーブティーを作ろう
(通信:付属のハーブでお願いします)

各論:ワームウッド、マジョラム、リコリス

第8回:恒常性3(内分泌)、美容

1.内分泌(ホルモン)とは
  体内ホルモン、植物ホルモン、環境ホルモン
2.ホルモンの種類と分泌調節
3.女性特有のホルモン
4.フィトホルモンを含有するハーブ
  ハーブと精油の処方例
5.美容に良いハーブ
6.ハーブ療法による美容製剤(1)
  ローション、オイルローション、薬草風呂、温/冷湿布

実習:ローズのローション作成1
(通信:一部材料をお送りします)

各論:レッドクローバー、ホーソンベリー、タイム


第9回:東洋医学概論

1.東洋医学とは
2.陰陽と五行
3.氣の虚実と相生/相克の法則
4.五行説から選ぶハーブ療法

実習:ローズのローション作成2
(通信:ご自身でご自宅で作成可能です)

各論:チェストツリー、バレリアン、ウィッチヘーゼル

第10回:まとめ

1.講座内容を日常にどう活かすか
2.一通り基礎習ってから改めて聞く重要事項再説明
3.全体的な質疑応答
4.ホリスティックハーブ療法アドバイザー
  資格試験の説明と試験対策
5.オーガニックコットンと糸で
  オリジナルティーバッグを作ろう!
6.修了パーティー(希望者のみ)

実習:温/冷湿布(通信:付属ハーブでお願いします)

各論:ラズベリーリーフ、シナモン、ローズヒップ